*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
ドラゴンフルーツと短毛丸の花
 2010年8月にスーパーでドラゴンフルーツを1個購入しました。
目的は食べる為ではなく、「実生苗を育ててみたい!」が始まりでした。
ブログをさかのぼって調べてみると、種を蒔いてからもう6年も経っていることが分かりました。

 現在3鉢の実生ドラゴンフルーツを育てていますが、今年あたり花が咲くのでは・・・の期待もむなしく一向に花芽があがりません。
月下美人そっくりの花が咲き、実も食べられるのが魅力なんですが、こんなに長くかかるとはね・・・。
トゲがある枝が横へ伸びて場所を取ります。
冬に室内に取り込むのには支柱を立ててもう少しコンパクトにしないとね・・・。
「辛抱するのにも限界があるよ」と」ドラゴンフルーツにつぶやきたい心境です。
月下美人の花に似た短毛丸の花は綺麗ですね。


IMGP6640.jpg
ドラゴンフルーツ (2階のベランダで自由に伸びている枝)

IMGP6642.jpg
ドラゴンフルーツ (枝から芽生えたのは蕾か?と思ったら新芽だったので欠き取りました。)

IMGP6643.jpg
ドラゴンフルーツ (この新芽は伸ばしてやりましょう~。)

IMGP6645.jpg
ドラゴンフルーツ (枝からドンドン根が伸びてきました。)

IMGP6647.jpg
ドラゴンフルーツ (1メートルの高さになったら先端を切って脇芽を育てるらしいのですが一向に伸びないのでしびれを切らしてカットしてみました。)


IMGP6636.jpg
タンゲマル (これも2階のベランダに・・・)

IMGP6638.jpg
タンゲマル (純白の大きな花が綺麗です。)







スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

やっぱり凄い(*´ω`*)
たびたび、コメントさせていただきます(^^♪

本当に何見ても素敵です♥
このブログ意外にSNSってやってますか(´∇`)?
ぜひ拝見したいなって思ってます( ¨̮ )
おはようございます。
ホント「辛抱するのにも限界があるよ」だよね~。
つぼさんごさんが5年・・・うちは?と調べてみました。
2011年9月でしたe-257うちは5年。
今年は軒下に置きっぱなしにしまして先端の節まで「ぶっ倒れて」e-440ます。
そろそろ家に入れる事も考え始めなきゃね。
虫食いだらけで美しくないんでね~。
花咲けばいいね~つぼさんごさんは多肉に慣れてるからきっと来年は咲く!と楽しみにしてます。
でんちゃんさん
度々のご訪問有難うございます。
ブログをするのが精いっぱいで他に手を出す余裕はありません。
花が好きで何とか続けているような次第です。
エルフィンさん
こんばんは。
こんなに気を入れて育てているのに花が咲かないとはね~がっかりです。
あばれている枝をスリムにまとめないと室内にも取り込めません。
花は来年に持ち越しですね。
実を付けるまでは諦められません。
No title
実家のドラゴンフルーツの植え替えと場所移動の時に苦労したことを思い出します。
冬の寒さが半端じゃなくて・・・寒さでやられちゃいましたがその後確認していません・・・どうなったかな
実家のもほっといても勝手に実が生ったのできっといつかは実が生ると思いますよ。
No title
パッションフルーツは毎年食べられて良いですね。お見事です。

ドラゴンフルーツ、「辛抱するのにも限界があるよ」そうそうその気持ちよくわかります。我が家のバナナもその手かな?
これまで辛抱したんだからエイッと捨てる勇気もなく、辛抱辛抱とまいりましょう!!
ずんずんずんこたんさん
こんばんは。
ドラゴンフルーツはトゲがあるから扱いにくいですね。
月下美人より寒さに弱いので冬越しにも気を使います。
そちらは花が咲き、実が生って良かったですね!
気長に待つしかないのかな~。
しーちゃんさん
こんばんは。
お陰様でパッションフルーツの扱いには慣れて順調に収穫できるようになりました。
問題のドラゴンフルーツは実生から6年、ここまで辛抱したので止めるのは悔しいし、頑張るしかありませんね。
今日は枝をまとめて支柱を立てました。
肥料も追加しなくては・・・。
プロフィール

つぼさんご

Author:つぼさんご
主婦で人生も後半。
家庭菜園、ガーデニング以外にメダカ、熱帯魚の飼育にハマっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード