*All archives* |  *Admin*

2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
近江妙蓮公園の蓮の花
 8月2日、蓮の花がもう咲いているのではと再び近江妙蓮公園を訪れました。
妙蓮池に咲く近江妙蓮は室町時代から600年もの間、田中家及び地元の人々に寄って守り育てられてきた貴重な蓮です。

 近江妙蓮は突然変異に寄って生まれた蓮です。
妙蓮の花びらの数は蕾の時は2千枚ほどですが、開花すると次第にその数が増えて5~6千枚になります。

 普通の蓮は4日間で咲き終わりますが、妙蓮は花びらが増えるため、外側の大きな花びらを散り落としながら2~3週間ほど咲き続け、数千枚の花びらを残したまま枯れる珍しい蓮の花です。

 普通の蓮に見られる雄しべや雌しべが無く花托(はちす)も出来ないので蓮根でしか繁殖できません。
近江妙蓮の特徴は1本の華柄に2つ以上の花を咲かせる一茎ニ花の状態から開花の過程で変化し、1つの華柄から3つ以上の花を咲かせるようになることです。(守山市近江妙蓮公園の資料から)


026_20130804160424536.jpg
近江妙蓮 (綺麗な蕾ですね~普通の蓮のように見えますが・・・ )

021_2013080416042373d.jpg
近江妙蓮 (双頭蓮・・・一茎二花 妙蓮は20日間前後咲き続けて、そのまま数千枚の花弁を散らさないで枯れる奇妙な蓮の花です。)

019_2013080416042183a.jpg
近江妙蓮 (双頭蓮・・・一茎ニ花に見えますがまだ分かりませんね。 )

011_20130804160426967.jpg
近江妙蓮 (奥のほうは五岳蓮・・・一茎五花ですよ。 )

012_20130804160420f01.jpg
近江妙蓮 (こちらも五岳蓮・・・一茎五花ですね。 )

016_2013080416054598b.jpg
近江妙蓮 (開き始めています。花びらが密集しているのが分かるでしょうか~。 )

004_2013080416054224d.jpg
近江妙蓮 (花びらが傷みかけていますね。ギッシリ詰まった花びらが何枚あるのでしょうか~。 )

048_20130804160548414.jpg
近江妙蓮 (普通の蓮には支柱はいりませんが、妙蓮は花が重いので全部の蓮に支柱が立ててあります。支柱がないと倒れてしまうでしょうね~。 )

018_2013080416054621b.jpg
睡蓮池 (室町時代から永年の間守り続けてきた妙蓮が再び絶えることがないように、新池を設置することで保護育成を更に強化されています。 )

014_20130804160544e36.jpg
妙蓮池 (何百年も咲き続けた妙蓮が、明治29年から咲かなくなって、大賀一郎博士に依頼して復興に取り掛かり昭和35年に復活しました。)
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

つぼさんごさん おはようございます。
素敵な蓮の花ですね~
人茎から2~5花咲くんですね。

見てみたいですこの目で・・・
こんにちは
近江妙蓮凄いですね~。
開花すると5~6千枚の花びらになるなんて。。。
初めて見ましたよ~。
貴重なお花を見れて感激しています。
全開したところも見てみたいです。。。

こんにちは。
へ~こんな蓮の花があるんですね。
見るのも聞くのもはじめてです。
外側の大きな花びらを散り落としながら2~3週間ほど咲き続け、数千枚の花びらを残したまま枯れるe-140ロマンですね。
ゆっくりと散るさまを想像しながら心がし~んと静まっていくようです。
やっぱり蓮の花は良いですね~。
罰当たりなe-440子供の頃の事もWで思い出しながら素敵な景色です。
紅葉さん
こんばんは。
一茎ニ花から十二花まであるらしいです。
室町時代から皇室や将軍家に献上されたそうですよ。
とても珍しい蓮の花です。
雨音さん
こんばんは。
妙蓮池を巡ってみると色んな種類の花に出会えます。
一つの花の中で、咲き始めている花びらがある一方で枯れていく花びらもあるようです。
どれを持って全開と言えるのか私にも分かりません。
最後の2枚の写真がまだ綺麗な方で、それより進むと枯れている部分が多くなります。
もっと綺麗な花を見つけたかったのですが・・・。
エルフィンさん
こんばんは。
不思議な蓮の花でしょう~。
普通の蓮と違って繁殖力が弱く、環境の変化に左右されるとか・・・。
保存会の方の一年間の保護作業で綺麗な花が見られるということです。
貴重な蓮の花をず~と残して欲しいですね。
No title
近江妙蓮 珍しい蓮ですね。
双頭蓮とか五岳蓮とか、2~3週間ほど咲き続けるとか、
今迄見たり聞いた事の無い蓮です。
興味深く読ませて頂きました。
しーちゃんさん
お早うございます。
残された資料によると、徳川将軍綱吉が妙蓮が奇花であることを聞いて江戸城に移植、加賀の前田家も城内に移植しましたが、どちらも妙蓮は咲かないで常蓮になったそうです。
安産の妙薬としても貴重だったそうです。
蓮の花に歴史ありです!
おはようございます。
お久しぶりです。

“近江妙蓮”
初めて見ましたぁー。
>室町時代から600年もの・・・>
>・・花びらの数は・・・
え~~  
>2千枚・・・>
>・・・5~6千枚・・・> and
>双頭蓮・・・ 一茎五花・・・>
>20日間前後咲き続けて>
>数千枚の花弁を散らさない>
ナントイウ“蓮”の花でしょう。

“突然変異”
なるほど。。。 
”妙蓮”
納得のお名前デス。
Kan動。。。シマシタ。
chimさん
お早うございます。
”近江妙蓮”私も初めて見た時は驚きました。
花びらの数が5~6千枚・・・不思議としか言い様がありません。
ルーツをたどると南天竺(インド南部)から中国、中国から日本に渡ってきたとか・・・。
妙蓮池には多くの方が花を楽しまれていましたよ。
プロフィール

つぼさんご

Author:つぼさんご
主婦で人生も後半。
家庭菜園、ガーデニング以外にメダカ、熱帯魚の飼育にハマっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード