FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
夏野菜どっさり収穫!
 2、3日前から朝夕涼しくなり喜んでいたのもつかの間、今日は夏に逆戻りの様な暑さです。
用事があったり、天候が悪かったりで久し振りに畑に行ってみると、まだまだ夏野菜が元気でビックリです!

 先ずは気になっていた大根の種蒔きです。
掛けていたシートを外して耕し黒マルチを張りました。
ステンレス製の穴あけを忘れずに持参したので仕事がはかどりました。
去年の種が残っていたので蒔いてみました。(発芽するかな?)

 HCで購入したネギ苗とニンニク球を植える予定でしたが、あまりの暑さに水分補給の休憩で時間が・・・。
最後に夏野菜の収穫もしないといけないのでネギ苗、ニンニク球は次回に・・・。
マクワ、ゴーヤ、長トウガラシの収穫量の多さにビックリです!
苗の植え付けが遅かったせいかも知れませんが・・・。


IMGP0226_2019091420082337e.jpg
ナリクラマクワ (前回もこれぐらい、いやこれよりも多かったかも・・・。)

IMGP0210_2019091420081922f.jpg
ナリクラマクワ (まだもう少し畑に残っていますよ。)


IMGP0223_201909142008226f5.jpg
長トウガラシ、ピーマン (一株で十分収穫出来ます。)

IMGP0205_201909142008189c7.jpg
長トウガラシ (今回もカメムシ退治をしてきましたよ。)


IMGP0222_20190914200915f5d.jpg
ナタマメ、オクラ (ナタマメの固くて大きいものは種用に残している・・・。オクラも種を採ろうかしら?)

IMGP0206_20190914200912f7c.jpg
ナタマメ (これはお茶用に収穫しました。)

IMGP0191_201909142009097d7.jpg
オクラ (大きくなったオクラから「オクラ水」が出来るとブロ友さんから教えて頂き、ネットで詳しく調べて作ってみました。「オクラ水」は血流改善を促し動脈硬化等に効果があるとか・・・。オクラのへたを切って切り口を下にしてオクラが浸る程度に水を注ぎ、一晩冷蔵庫に置く。生オクラ5本、水100ml~180ml冷蔵庫で8~12時間おくと完成。)


IMGP0203_20190914200910fc0.jpg
ダイコン種蒔き (黒マルチを張って穴を空け、4、5粒ずつ蒔いてみました。上手く発芽するといいけど・・・。)

IMGP0200_201909142010041e6.jpg
コットンの花 (白の花は綺麗に開いています。)

IMGP0201.jpg
コットンの花 (ピンクの花はどの花もこんな感じ、開いてないのは何故なのか?)

IMGP0199.jpg
コットンの実 (真ん中の緑の実、大きくなってきましたよ。)


IMGP0194_20190914201000b9a.jpg
カザリハナナス (赤く色付いてきました。)

IMGP0196_20190914201002464.jpg
センニチコウ (自家採取の種を蒔いて育て、切り花用に畑に植えました。元気いっぱいですね!)













 
スポンサーサイト



ドラゴンフルーツ開花、人工授粉
 9月6日待ちに待ったドラゴンフルーツの開花が始まりました。
3時30分ぐらいに蕾がふっくらしてきたのでいよいよ始まりそうだと確信しました。
夕方6時ぐらいには徐々に膨らみ始め、9時頃には目出度く開花となりました。

 大輪の花は直径20センチ近くはありそうです。
月下美人の花に似ていますが若干黄色っぽく感じるのは花の中心雄しべの花粉の黄色が目立つせいでしょうか~。
資料に寄ると9時から10時頃に人工授粉をするとか・・・。
方法1は雄しべを数本切り取り雌しべの柱頭に乗せる。
方法2は毛先の柔らかい筆で雄しべの花粉を取り、雌しべの先全体に付ける。

 最初、方法1を試してみましたが念の為、方法2も試すことにしました。
これで完璧、大丈夫なはずです。
人工授粉が成功しますように!ドラゴンフルーツの果実に出会えますように!


IMGP0114_201909072001284e2.jpg
ドラゴンフルーツの花 (9月6日午後9時、実生株に初めての花が咲きました。)

IMGP0103.jpg
ドラゴンフルーツの蕾 (9月6日午前8時40分、蕾も大きいでしょう~月下美人の蕾とは少し違いますね。)

IMGP0106_2019090720003420c.jpg
ドラゴンフルーツの蕾 (9月6日午後3時30分、蕾がふっくらしてきましたね。)

IMGP0108.jpg
ドラゴンフルーツの蕾 (9月6日午後6時、膨らみ始めましたよ。)

IMGP0109_20190907200037536.jpg
ドラゴンフルーツの花 (9月6日午後8時、いよいよ始まりましたね~。)

IMGP0111_201909072000393e8.jpg
ドラゴンフルーツの花 (9月6日午後8時、横からも撮ってみましょう~。)

IMGP0115.jpg
ドラゴンフルーツの花 (9月6日午後9時、開花と言っていいでしょう~。)

IMGP0119_201909072001337e4.jpg
ドラゴンフルーツの花 (9月6日午後9時、花の中心雌しべを取り囲むように雄しべがびっしりありますね。)

IMGP0120_201909072001345a6.jpg
ドラゴンフルーツの花 (9月6日午後9時、さあ~人工授粉を始めましょうか~。)

IMGP0121.jpg
ドラゴンフルーツの花 (9月6日午後9時過ぎ、雄しべの花粉を切り取って雌しべの柱頭に乗せてみました。)

IMGP0123_20190907200235efd.jpg
ドラゴンフルーツの花 (9月6日午後9時過ぎ、大輪の花は直径20センチ近くありそうです。香りは月下美人の方がいいでしょう~。)

IMGP0127_201909072002376bd.jpg
ドラゴンフルーツの花 (9月6日午後10時、花の観賞より受粉に気持ちが入っています。)

IMGP0128.jpg
ドラゴンフルーツの花 (9月6日午後10時、柔らかそうな筆を探して雄しべの花粉を雌しべの先全体に付けました。)

IMGP0133_20190907200240ac7.jpg
ドラゴンフルーツの花(9月6日10時過ぎ、人口受粉も終わったのでゆっくり花を楽しみましょう~。)

IMGP0134_201909072003032c5.jpg
ドラゴンフルーツの花 (9月6日午後10時過ぎ、やるだけのことはやりました。後はお願いしますよ。赤い実を期待していますよ。)

















実生ドラゴンフルーツに花芽
 思い起こせば2010年8月、ドラゴンフルーツの実生に挑戦する為にスーパーでドラゴンフルーツを1個購入。(実が白)
食べてみると甘みが少なく、ガッカリしたのを覚えています。
種を採るのが目的なので仕方ありません。
発芽力が良く、その中からいくつかを選び、年月を掛けて育ててきました。

 あれから9年、辛抱強く待ちましたが一向に花芽が上がらず、この夏HCでドラゴンフルーツの赤い実の株を見つけて購入。
大きく育ったドラゴンフルーツの鉢2個に花が咲かないのだったら処分しようかしら?とも思ったりして・・・。
所が8月18日、実生株の茎の先端に今までと違った丸い新芽発見!もしかして蕾?
一つの茎の先端に丸い小さな蕾が3個、もう一つの茎の先端に丸い蕾が1個ありました。
苦節9年(10年ではないけれど)にして念願の花芽が上がり長年の苦労が実るかも知れないのです。(嬉しいな~。)
いやいやまだ安心は出来ません。
この先、花が咲き人工授粉を経てその結果実がなるかどうかなのです。
その日まで油断は出来ないと思いつつ、楽しみに観察を続けている毎日です。


IMGP0057_20190830133303309.jpg
ドラゴンフルーツ実生株 8月29日 (2010年食べた後の種を蒔いて育てた実生株。9年めに初めての花芽が・・・左側の大きな花芽は大丈夫、黄色くなった蕾は多分落ちるでしょう~。)

IMGP0056_20190830133302076.jpg
ドラゴンフルーツ実生株 8月29日 (同じ鉢の違う茎の先端にも蕾がありました。)

IMGP0054_20190830133410cf3.jpg
ドラゴンフルーツ実生株 8月23日(花芽は茎が下がった先端に付いています。)

IMGP0044_2019083013340714f.jpg
ドラゴンフルーツ実生株 8月23日(先端に付いた3個の蕾、蕾の間隔が狭いので間引いた方がいいのか?それとも自然に任せるか?結論自然に任せる事に・・・。)

IMGP0046_201908301334085c5.jpg
ドラゴンフルーツ実生株 8月23日(こちらの茎には1個だから安心ですね。)

IMGP0144_20190830133542952.jpg
ドラゴンフルーツ実生株8月18日(蕾発見!いつもの新芽と違うよね~丸いからこれは花芽だと思う。)

IMGP0059_20190830133301f8d.jpg
ドラゴンフルーツ実生株 (茎から出ているのが長く伸びた新芽です。毎年丸い蕾は上がらず、新芽ばっかりでガッカリしてました。)

IMGP0142_20190830133541275.jpg
ドラゴンフルーツ実生株 8月18日 (花芽があった実生株、節の所から降り下げたしっかりした茎の先端に蕾が付くらしいとは知っていましたが今回でよくわかりました。)

IMGP0139_20190830133540834.jpg
ドラゴンフルーツ実生株 8月18日(こちらは花芽が付かなかった株です。

IMGP0135_201908301335392b8.jpg
ドラゴンフルーツ 新規購入 (実生株は何年経っても花芽が上がらないので処分して新しく株を買おうかしら?と思った矢先にHCでを見つけて即購入。それからすぐに実生株に花芽が上がったのは不思議な現象でした。
実生株は危機感を持ったのかしら?)









ホオズキ、長トウガラシにカメムシ大量発生!
 8月22日、朝食後の6時頃家事を後回しにして畑へ直行。
8月に入ってからは早朝畑行きに切り替えました。(3回目)
収穫と追肥だけにして1時間ぐらいで切り上げようと思っていたのに・・・。
ホオズキと長トウガラシの茎にカメムシがびっしり!大量発生です!

 去年だったかしら?ブロ友さんのブログでペットボトル捕獲作戦を知りました。
ペットボトルの上の部分を5~6センチをカットして、本体に逆にして差し込み水を入れます。
茎に群がっているカメムシの下に持って行き、上からトントンやると面白いほどペットボトルに入っていくのです。
直ぐに満杯になったので捨て、もう一度水を入れて夢中で捕獲、2回やったところで切り上げて帰ることにしました。
調べてみるとガムテープ捕獲作戦もあるとか・・・。
今度試してみようかしら?
それよりもカメムシが寄り付かない方法はないものかな~。


IMGP0012_20190823150301e82.jpg
ホオズキ (赤く色付いてきたホオズキですが、気持ち悪くなるぐらい茎にびっしりカメムシが群がっています。

IMGP0015_20190823150303758.jpg
長トウガラシ (こちらにも沢山カメムシが大量発生、収穫した後で捕獲作戦を実行しました。)

IMGP0006_20190823150259209.jpg
オクラ (畑が遠いのでどうしても1週間から10日おきになり、その結果オクラは巨大な姿に・・・固くて食べられないものもありますよ。)

IMGP0008_20190823150300149.jpg
ナタマメ (今回は沢山収穫出来ました。刻んで干した後、フライパンで炒って刀豆茶にします。)

IMGP0019_20190823150304767.jpg
ナリクラマクワ (前回来た時より葉が生い茂っています。実は出来ているのか?)

IMGP0018_20190823150415975.jpg
ナリクラマクワ (葉をかき分けてみると・・・ありましたよ。)

IMGP0017_2019082315041383d.jpg
ナリクラマクワ (こちらにもありました。ざっと確かめてみると10個ぐらいはあったかな?このマクワは熟れると茎が蔓から自然に落ちます。まだしっかりしているので収穫はもう少しさきになりそう!)

IMGP0028.jpg
ナタマメ、ゴーヤ、オクラ収穫 (ゴーヤの収穫量が落ちてきました。追肥をしましたがどうでしょうか?)

IMGP0031_20190823150418c74.jpg
長トウガラシ (収穫した後にカメムシ捕獲作戦を実行、夢中で退治しましたよ。)

IMGP0032_20190823150419ccd.jpg
モロヘイヤ (夏の健康野菜、茹でて刻んで花かつおを掛けて食べます。)

IMGP0035_201908231506035e7.jpg
赤紫蘇 (これで3回目の赤紫蘇ジュースを作ります。自分用ですね~誰も飲みたいとは言いません。)

IMGP0003_2019082315055762b.jpg
センニチコウ (畑に植えると大きくなりますね!)

IMGP0014_2019082315055870d.jpg
飾り花なす (少し色付いてきましたね。)

IMGP0024_201908231506016f5.jpg
コットン (グングン成長してきました。これは何色のコットンかな?)

IMGP0021_201908231506003c0.jpg
コットン (白い花なので白のコットンだったかな?他には赤、緑等のコットンがありますよ。)


続きを読む

月下美人の花
 大型台風10号は去年の台風と大違いで静かなものでした。
夜遅くから雨が降り続いたぐらいで何の被害も無く去っていきました。
お盆休みの最中で帰省客や行楽客には気の毒でしたね。
翌日の16日は避難させていた鉢を元通りの位置に戻すのが大変でした。

 今日は8月3日に咲いた月下美人の花のご紹介です。
2鉢あったのですが管理が大変なので1鉢だけにしました。(冬越で室内に取り込むのが重くて大変!)

 夕方の6時頃から1時間毎に写真を撮ってみました。
夏の夜に咲く神秘的な純白の花、毎年この花を見ないと寂しくて・・・。
香りがお届け出来ないのが残念です。


IMGP0034_20190817145008d9c.jpg
月下美人 (6時頃撮影。夕方の水遣りで蕾チェック、蕾が白く膨らんできたら今夜咲きますよと言う合図。)

IMGP0039_20190817145009831.jpg
月下美人 (7時頃撮影。少し開き始めました。)

IMGP0045_20190817145011e18.jpg
月下美人 (8時撮影。懐中電灯が照明、片手に持って撮影。)

IMGP0049_20190817145012224.jpg
月下美人 (9時撮影。2個並んで咲いているので撮りやすいのかな?いやいやもう少し離れていた方が・・・。)

IMGP0052_201908171450138fd.jpg
月下美人 (10時撮影。ほぼ満開ですね~。)

IMGP0053_20190817145059729.jpg
月下美人 (11時撮影。満開と言っていいでしょう~。)

IMGP0056_20190817145100aaf.jpg
月下美人 (こんな風に並んで咲いているのも珍しいですね。)

IMGP0057_20190817145101863.jpg
月下美人 (角度を変えて撮ってみましょう~おっと折れてしまったら大変!!)

IMGP0059_20190817145103daa.jpg
月下美人 (最後にアップで撮ってみましょう~。翌日の朝、花は終わっていましたよ。一夜限りの花ですが夏の間に何回も開花、今年はどうかな?)











プロフィール

つぼさんご

Author:つぼさんご
主婦で人生も後半。
家庭菜園、ガーデニング以外にメダカ、熱帯魚の飼育にハマっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード